🌸桜めだか🌸 神戸の改良メダカ専門店

新しいミジンコ培養 セット

新しいミジンコ培養 セット

販売価格: 2,000円(税込)

数量:

商品詳細

【クリックポスト対応】

桜めだかと国産のクロレラメーカー・クロレラ工業の商品セットです。これでミジンコ培養にチャレンジしてください!

【セット内容】
タマミジンコ乾燥卵カプセル1個 / 特殊クロレラパウダー 20g (【桜めだか限定特典】スポイト・スプーン付)


《タマミジンコ乾燥卵カプセル》


2cmほどの小さなカプセルにぎっしり詰まったタマミジンコ乾燥卵。
この乾燥卵を水に浸しておくだけで3〜5日すると小さな幼生が孵化します。
20〜30度の水温があれば、あなたのお好きなタイミングで培養を始められます。
1カプセルから相当数のミジンコが孵化してきます。
培養容器のサイズによっては、カプセルを開けて2〜3回に分けて培養しても十分な量の卵です。
使わないカプセルは、直射日光や高温多湿を避け保管すれば、半年以上の保存が可能です。

《特殊クロレラパウダー》


クロレラ生産メーカーだからこそできる特殊製法による微粒子パウダーがメダカのマーケットへ!
同社の『観賞魚用 生クロレラV12(500ml)』に含まれる個体数と同等個体数が、1パック(20g)に含まれています。
鶏糞やイースト菌などを利用して間接的にミジンコの餌を発生させるのではなく、ミジンコが直接食べられる植物プランクトンのクロレラですので、無駄に水を汚すことがありません。

【生クロレラとの違い】


新鮮な生クロレラは冷蔵だからこそ保存が可能で、常温では活性がなくなり死滅していきます。
また冷蔵配送や冷蔵保存であっても品質維持が約1ヶ月と本来は短いのです。
新鮮なうちに使い切り、毎月の購入となるとチャレンジできる方も限られております。
この機会に乾燥パウダーへ切り替えてみませんか?
使い方はカンタン!必要な量を水に溶かしてミジンコ培養層へ入れるだけ!
もちろん生クロレラのように冷蔵保存も必要ありません!
送料もお得なクリックポスト発送対応商品です!

新しいミジンコ培養をはじめよう!
桜めだか流 タマミジンコ培養

【孵化できてるかな?と思ったらご確認ください】
(1)水温によって孵化日数は前後しますが、早い場合にはセットしてから1〜2日で孵化が始まります。
(1週間以上経過してからの孵化するケースは確認できておりません)

(2)今までにミジンコを飼育された方であっても、孵化したばかりのミジンコの幼生の群集だけを見る機会はなかったかと思われます。非常に小さい為、見落とされているケースが多いです。容器の隅などを注意深く観察してみてください。

(3)孵化を確認するまでは培養の為の餌は不要ですが、孵化直後からは餌として摂取させる事が必要です。
水道水のカルキを抜いただけの水でセットされた場合には、孵化後に餌がないと死んでしまいます。